KIDS-TENNIS » Pula

Pula

tour 40 第5クールも大忙し。チサトと小林コーチは最後のテニスヨーロッパチャレンジ。僕も何度も参加したスロベニア、オトーチェックでしたが、3回戦でクロアチアのナショナルチーム強豪に敗退。まあ今の実力ではこんなものでしょう。
今後、一体「どこ」を狙って自分の「なに」を「どう」いう風に変えていくのか?。そしてそのために「どこ」で「誰」と「何」をしなければならないのか?。
極東に住んでいる我々日本人にとって難しい問題ですが、ご家族としっかり話し合って今後も頑張って欲しいですね。

ドブロブニクに残った4名はクロアチアテニス協会12歳以下にチャレンジ。各々実力を出して勝つべきところは勝ち、しっかり負けるべきは負け、しかし皆実力を出し切って頑張っています。
そして今週は4名の選手がそれぞれの故郷に帰還。皆無事に航空会社の一人旅サービスで日本、アメリカに帰国し、思い出と今後の課題を持ち帰ったでしょう。
ドブロブニクではずっとイベント続きで、誕生日に呼ばれたり船に乗って島のビーチに連れて行ってもらったり、アドリア海の遠征を満喫しました。

第6クールはまず移動。約1ヶ月半滞在したドブロブニクから、スムリクバボウルの開催されたプーラのクラブへ7時間かけて移動。ここでしばらく違うメンバーと練習し、車で1時間のウマグで開催される ATP500の大会を観戦します。

父セルビア人、母クロアチア人のモニカ・セレスを入れるとグランドスラム覇者を4名も輩出し、たった400万人の人口と建国まだ30年弱の歴史、狭い国土、低いDNP、なぜにテニスだけでなくスポーツ王国なこの国の力は、どこへ行っても力強く感じられますね。



コメントは受け付けていません。