KIDS-TENNIS » 第6クール

第6クール

WILLIAMS,Venus(USA) def KONTA,Johanna(GBR)
6-4 6-2 Semi-FINAL
13 July 2017
WIMBLEDON 2017
LONDON U.K.
Photographer / MANO,Hiromasa
©MANNYS PHOTOGRAPHY of Tokyo
mannys@mannysjp.com

今日はまず最初にキッズテニスカップ35福岡
ありがたくもまだ3ヶ月も前ながらすでに70名を越すエントリーをいただいておりますが、会場のコート面数に限りがあり、定員を増やすことが難しいので、何度も書いているようにこのままですと定員オーバーでキャンセル待ちになる可能性があります。
もちろんキャンセルも出ると思いますが、出場希望の方はお早めにエントリーを。
宿泊は基本的に自由で、絶対にグローバルアリーナに宿泊する必要はありません。… が、皆楽しく修学旅行気分で大きな風呂に入ったり、寝たりするのが楽しく、地元福岡の子でも泊まるくらいですから、色々とご考慮ください。… 何せ「合宿の申し込み」としてエントリーする方も多いです…。
チャリティー抽選会は少しでも予算を、と参加する保護者の方々の発案で始まった歴史と伝統の「チャリティー」ですので、購入は個人の自由です。買われなくても結構ですよ。
まだまだ先の大会ですが、皆が楽しく3日間テニスできるように準備頑張ります。

第6クールは久しぶりにリラックスムード。ちょっとここ最近は練習、試合、遊びとかなり忙しかったので、毎日朝、夕の練習とプール、でのんびり。
プーラは紀元前、ローマ帝国時代から重要な起点として栄えた港町だったわけですが、何度か紹介しているようにローマにあるそのままのコロッセオがあります。同じ時代に造られたよう。
そこでコンサートなど色々と催されているのですが、紀元前さながら、迫力満点のグラディエーター、剣闘士ショーを楽しみました。すごい迫力ですが、何せこの数千年前の石積みのアーチに1万人… 日本だったら政府が許可するのかな…。
しかしね、手で積み上げたこの石が、全く壊れずに整然と数千年立っているこの姿は、全く「和」の意識の範囲外であり、こういうところも理解し、受け入れることで、またテニスにも幅ができるということなのかもしれませんね。

明日からはいよいよプロ大会観戦、ウマグオープンが車で1時間のウマグで行われます。
ちなみにウマグは懐かしの tour 10 ?で国際ジュニア大会に参加したところ。海の真横にセンターコートがあって綺麗です。
今回、モンフィスやフォニーニ、チョリッチなど、豪華な選手がクレーで本気で戦うところが見れますので、本当に楽しみですね。

コメントは受け付けていません。