KIDS-TENNIS » キッズテニスカップ36ドブロブニク

キッズテニスカップ36ドブロブニク

tour 40 もいよいよ最終クール。2ヶ月と3週間は長かったのか短かったのか…。まあそれは行った本人が決めること。
最終大会はスプリットでの10歳以下を予定していましたが、大会自体がキャンセルになってしまい、それでは、と7時間かけてザグレブまで12歳以下に出場してもスケジュール的に最後まで出れない、ということで必殺技。ドブロブニクのホームコートで大会を作ろう!、ということになり、たった1週間の準備期間で10歳以下25人の選手を集め、第36回キッズテニスカップドブロブニク大会を開催することができました。海外開催はニューヨーク大会以来。
これも地元のみなさんのご協力の賜物であり、本当にありがたいことです。

もちろん出場者は地元の子が多く、しかし結構難敵、結構強い選手も出ていたのですが、tour 40 の最終メンバー4名は危ない場面もありながらどうにかこうにか勝ち上がり、全員で本戦ベスト4。僕が買って「KIDS CUP DOBROVNIK」のサインのあるトロフィー、メダルは全部メンバーに。入賞景品だった第33回のTシャツはコンソレ入賞者に回し、無事に終了することができました。本当にみなさんに感謝です。

普通、大会を開催するのにはコート、ボール、トロフィー、人件費、そしてこちらの大会では普通な選手の昼食、の費用が必要で、これは世界どこでも同じ。
そしてエントリー代は100クーナ。日本円で1800円ほど。これでは無論赤字ですが、誰が利益のために子供達の大会を開催しているというのでしょうか?。利益を得ようとしている大会など、ヨーロッパにはありません。子供達のために、地元の人が少額でもスポンサーになり、大会を開催してくれているんですね。

ある僕の知る日本のクラブは、ジュニアでも大人でも、どんなイベントでも予算計画を出し、稟議で利益を精査し、黒字にならなければどんなことでも行いません。
もちろん、それじゃあ何も産まれないと思いますけどね。

看板も何もない、でも人がいます。
無駄なものにお金を使うより、子供達の未来のため、我々大人は頑張らなければなりません。


コメントは受け付けていません。