KIDS-TENNIS » Jan

Jan

キッズテニスカップにたくさんのお礼のメッセージありがとうございます。みんさん全部に返信することはとても不可能ですので失礼してここでこちらからもお礼を申し上げます。ありがとうございました。
ただ、気を使われている方々にはくれぐれも。子供達を預かっている以上、24時間大会日数管理し、責任を負うのは当たり前ですし、様々な出来事があってもそれをどうにかするのは子供本人と我々の行動です。楽しいことも悲しいこともあったと思いますが、それが人生。きっとこの後の人生に役立つでしょうし、老い先短い我々にとっても非常に楽しく貴重な経験です。
どうぞ今後とも子供達の独立心を培っていきましょう。
親やコーチの役目は、いかに自分たちの存在価値をなくすか、ということにあるでしょうから。
また、忘れ物や精算など、済んでいない方はご一報を。我々の活動全般、キャンセルは大会でも遠征でも返金しますよ。

来年開催される第38回キッズテニスカップは4月の14日土曜日から17日火曜日まで、春の例年通り山梨県北斗市にあるクラブベルデで開催予定。何で36、37回が抜けているか?、というと、36回はクロアチア、ドブロブニクですでに開催済み、37回は tour 42 フロリダ遠征中、12月にマイアミで開催予定なので。
もうすぐフロリダ出発なので、近日中に要項をアップしますのでお見逃しなく。今回はコート数がたくさんあるクラブベルデ開催ですが、福岡大会よりもさらに外国選手が集まる予定ですので、定員超えの可能性もあります。そしてご存知の通り、クラブベルデの施設には宿泊数に限りがあり、選手部屋は大丈夫ですが、家族部屋はいつも満室でキャンセル待ちになります。どうぞお申込みはお早めに。

さて、facebook には書かせていただきましたが、お世辞でも二階級特進でもなく、僕の知る中で世界で一番テニスコーチとして腕の良い、教えるのも、品格も最高の人間のヤン・べダンが突然亡くなりました。66歳。「チェコ人の寿命は短いんだよ」と冗談で言っていましたが、まさかこなに早く…。つい先日まで話をしていましたので、突然の悲報です。

彼との出会いは… この歳になると、こういうことが忘れてしまいますが、確か20年くらい前の大阪スーパージュニアでしょうか…。娘、ダーヤ・ベタノバ(チェコ、ロシアなどは同じ家族でも男女性が微妙に違う)は当時16歳で精密機械のようなテニスを展開し、ダントツ優勝。その後 WTA 17位まで行きましたが、傍らでまるで大学教授のような風貌、冷静さで指導。その後もチェコのプロ選手を指導し、カロリーナ、クリスティーナ・プリシコバ姉妹を指導していた頃はこのコラムによく登場しましたね。
チェコというテニス強国は非常に優秀なコーチがたくさんいるから強いんですけれども、コーチの世界も大変厳しく、資格も政治も色々。大したプレーヤーでなかったヤンは低い資格しか持っておらず、名誉欲もないため、異常なほど優秀なのにチェコ協会のトップコーチには成れませんでしたが、それでも一言も嫌味を言わず、周りに気を使い、いつも控えめに行動。僕といる時も必ず僕を立ててくれました。

ヨーロッパ遠征ではうちの選手もたくさんお世話になりました。
非常に悔やまれますが、心から冥福を祈り、いつの日かまたどこかで会えることを。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コメントは受け付けていません。