KIDS-TENNIS » Chris Evert

Chris Evert

今回の10歳以下の我々のチームにとって今回の遠征で一番大きな大会がこのリトルモー。小柄ながら天才的、偉大なアメリカ女子選手であり、早世してしまったモーリン・コノリーさんの財団が管理する国際大会で、世界45カ国から500名近い選手を集め、近隣各4会場を使って開催されます。
メイン会場は PGA。そう、ゴルフの聖地ですね。

毎回国歌斉唱ありの華やかな開会式が催されますが、今回のゲストはクリス・エバート。もはや選手たちの親でさえ知らない人もいるくらいの年代ですが、僕は彼女のテニスが非常に好きでよく見ていました。ナブラチロワとのライバル決戦が目立ちますが、攻撃的、と言われるナブラチロワの方が非常に内面は弱く、守備的であり、コンスタントなプレーをするクリス・エバートの方がものすごい芯の強さが素晴らしかった。なんとも言えないフラットな当たりもいいですね。
彼女は近隣にアカデミーを経営しており、今回はそこも会場と使われるということで、ゲスト参加となったようです。

試合の方は今回不運が多く、シングルス本戦は全て終了。現在コンソレ1名残り。ダブルスは全員初没。あとはミックスです。
マオが3回戦で戦ったニューヨークの選手のように、すでにプロ移行中のウルトラ強い本格派から、家族旅行でフロリダに来た趣味の子までフリーエントリーであり、ドロー運は色々。それもこのような大会の面白いところでありますね。
皆同時に試合に入るので写真少なくって申し訳ない。

ところで、予想通り、やはりUSTA のルール変更により10歳以下の選手のジュニアオレンジボウルのエントリーは全員跳ね返されました。我々はエントリーもしていませんでしたので問題ありませんが、他の日本選手、世界から来た選手でエントリーしている選手はどうなることやら。
代替え案として他の大会を勧めているようですが、それも良いでしょうね。10歳以下イエローボールの試合です。

正直なところ、10歳以下の選手が12歳以下に出てもあまり意味はないと思います。運が良ければジュニアオレンジボウルでも初心者ゴロゴロいますから何回か勝てるかもしれませんが、テニスは色々な「やりとり」、ゲームの中で成長するスポーツです。世界でもトップクラスでない限り、自分に近い年齢で戦うのが成長のために良いと思いますよ。

今日は久しぶりに午前ゆっくり。午後から試合です。

 

コメントを残す