KIDS-TENNIS » 2018

2018

NADAL,Rafael(ESP) def ZVEREV,Alexander(GER)
4-6 6-3 6-7(5) 6-3 6-2 3RD
21 Jan.2017
AUSTRALIAN OPEN 2017
Melbourne Park Melbourne VIC
Australia
Photographer/MANO,Hiromasa
©MANNYS PHOTOGRAPHY of Tokyo
mannys@mannysjp.com

皆さま、明けましておめでとうございます。
このホームページにたくさんの方々に来ていただき、ただただ感謝しかありませんが、今年も子供達のために少しでも良い活動を行いたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいいたします。

我々にとって、「年号が変わる」ということは、大会でも遠征でも数字がただ増えていくことと同じで節目はありませんが、そうやって日々成長していく子供達、ご家族が今年も無事に過ごされますよう。心から願っております。

さて、いよいよもう数時間で tour 43 オーストラリア遠征に出発です。
今年もメルボルン直行便。ありがたし。で、そこから内陸に300キロ、毎度毎度のオーブリー、ウォドンガの街で天然芝のオーストラリアテニス協会公式戦ゴールドシリーズが開催され、オーストラリア各地、オセアニア地域からも多数選手が集まりますので、それに参加。そしてメルボルンへ帰って来て1週間全豪を観戦するという最高にして最高な tour です。もう10年以上の経験を積んでいますので、パターン化されてますが。
時折我々の影響か、同じように行動する日本人の方もいらっしゃいますが、どうぞご遠慮なく色々聞いて、話しかけてくださいね。遠慮は無用。何か力になれることもあるかもしれませんので。

今年のメルボルンはなかなか過ごしやすい気候そうですが、ご存知の通り日本では想像もできないほどでっかいオーストラリア大陸の内陸部は暑い。毎日30度は超えます。もちそん細心の注意を払って子供達を管理しますが、是非みんな頑張って乗り越えましょう。

次のコラムはオーストラリアからお届けする予定ですが、現地あまりネット環境が良くないので、難しいかも。facebook もよろしくです。

さて続きのアカデミー論。
要はでっかい組織だと現場のコーチがただの駒のようなもので、皆さんが何かしらの企業、団体を見るときと同じように、末端社員がコロコロ変わり、辞める組織って信用ありますか?、ということです。わかりやすく言えば。
同じような指導をしていても、良いコーチとそうでないコーチは明らかに差が出ます。良いコーチが定着できるようなシステムを持ったアカデミーを選ぶべきであり、その選定は保護者の重大な仕事である、ということは間違いありません。

今回、見てお分かりのように先日のフロリダ遠征でお世話になったマイアミにあるエクストリームテニスアカデミーのバナーがアップされました。
このアカデミーは失礼承知で申し上げますが、有名コーチも有名選手もおりません。コートも10面しかありません。他の施設はバリバリ豪華。が、毎日毎日しっかり真面目に練習し、トレーニングし、地道に実績を上げ、アメリカの大学に入り、コーチは皆フレンドリーでもちろん真面目にやってないければ怒鳴られ、そしてじぇんじぇん変わりません。ずっと同じコーチ。
今はまだ無名かもしれませんが、ここに才能ある選手が入った場合、確実にその実力を伸ばすであろうな、というクラブであり、アメリカにあるアカデミーでは異彩を放っているという感じですね。
無論僕がまだ知らないアカデミーがアメリカにはまだたくさんあると思いますが、知る中で今の所唯一、僕が皆さんに推薦できる場所です。

お前広告宣伝でお金もらったり、バックマージンあるんだろう?、と勘ぐる人もいるかもしれませんが、我々は一切何もいただきません。
が、ここで重大発表。このエクストリームアカデミーの1週間まるまる短期留学を皆さんに無償でプレゼントしてくださることになりました。レッスンプログラム、宿泊、食事も。つまり飛行機で行けば全てタダということです。金額にすれば安く見ても15万円以上の費用でしょう。

いったい誰に!?、ということが問題だと思いますが、その選抜方法として、現在年3回行われているキッズテニスカップのシングルス、ダブルスの上位者4名にポイントを付け、年末のその上位者、つまり辞退が出れば繰り下がりますが、6名にその権利をプレゼントするということですよ。
集計は2018年10月のキッズテニスカップ終了後に行いますが、有効期限は1年間で、年末のフロリダ遠征の前後に使っても良いし、全く別の時期に単独で使っても結構です。空港送迎も依頼可能ですので、自由に使ってください。

8歳、10歳、12歳のカテゴリーは無関係でポイント集計しようと思いますので、当然、合計なので複数回キッズテニスカップに出る選手が有利。ですが、多くの選手が何度も出場してくれていますから、大会自体そんなに変わることもないかな。

今年から色々とキッズテニスカップも変化してく予定ですので、ぜひ皆さんテニスコートで会いましょう。

コメントは受け付けていません。