KIDS-TENNIS » 女ダブ

女ダブ

KREJCIKOVA,Barbora(CZE)/SINIAKOVA(CZE)[6] def
HOZUMI,Eri(JPN)/NINOMIYA,Makoto(JPN)
6-3 6-3
Doubles Final
10 Jun 2018
ROLAND GARROS 2018
PARIS FRANCE
Photographer / MANO,Hiromasa
©MANNYS PHOTOGRAPHY of Tokyo
mannys@mannysjp.com

世界の常識では正直なところ「ダブルス」はあくまでオマケであり、賞金も少なければ注目度もサッパリです。が!。とはいえグランドスラムの決勝まで来ましたよ。すごいね!。二人とも純日本人で海外で育ったわけでもありません。

近年元気がない日本女子ですが、これを機に盛り上がってくれるといいねえ。

さてこちらの女子は東欧のど田舎町で頑張り中。
一人はテニスの技術的に完全に勝てる相手に3回連続根性負け。本人曰く、「私はいつもドロー運が悪い」と言いますが… これ以上弱い相手はいないような…。まあ完全に相手が見えていないということでしょう。
一人は最後まで打ちまくってどうにか本戦初勝利。ベスト8に進みましたが準々決勝はイモい子に完全にはめられ惜敗。おしい。これも経験で自分でどうにかするしかないねえ。

と、幼いながらも自分自身のみで一生懸命頑張っている女子3名を残し、若干肘に痛みがあり(遊びすぎ)1週間休養の男子1名とボスニアの大自然、山、森、岡、渓谷、を8時間かけて満喫し、明日からの受け入れのためにドブロブニクにヨロヨロ到着。最大総勢19名のために頑張ります。

さて tour 45 フロリダ遠征ですが、松島、小林の2名引率の場合、8名が限界なので募集はあと2名です。できればバランスを考えて10歳以下が欲しい感じですが、あと2名ですのでこのままですと一般募集はしません。
そして勉強のために遠征に参加したいというコーチの方も募集し、それが加われば募集定員も増やします。どうぞみなさんよろしくお願いしますね。

最後に、昨日も書きましたが、「クレー」だから… という特別なプレーをする必要は全くありません。まあここは東欧ですので、どちらかというとドフラットで打ちまくるか、シコい子が多い。コートによってプレーを変えるなんてことより、しっかりと自分のテニスを貫き通すことが大事。頑張ろう!。

コメントは受け付けていません。