KIDS-TENNIS » Dubrovnik U12

Dubrovnik U12

2008年生まれ、つまりは今年10歳の日本男子チームは書いたこともあると思いますが相当強い。… 一平は7人中決定的に見事7番目。
時差ボケ解消のために出場したクロアチアテニス協会12歳以下はポイントが小さいこともあり、ほとんどがローカルのジュニアでレベルは低い。
で、結局「1強」状態で、どこでその1強に当たるかドロー運マッチとなりました。

女子は地元のアナマリアが優勝。1回戦、準決勝、決勝で仲良く日本女子は敗戦し、運の状態で表彰。ダブル者彼女と組んだモアが優勝。
男子は1強のここに何度も登場しているウクライナの王子、ティーマに何回戦で当たるかどうか。都合よく1番手のリュウトが決勝に残り、惜しくもファイナル5ー7の接戦で敗退。移動してすぐと考えれば非常にでき過ぎくらいの試合でした。小林コーチが試合の模様を youtube にアップすると思うのでお楽しみに。

大会のレベルとしての基準は、日本とは違い、ここではプロ大会と同じく各国協会主催のポイントがついた公式戦にどの地域でもどの国の選手でも参加でき、そのポイントで各国のランキングが決まりますが、テニス選手を目指す選手は小さな頃から国の試合には出場せず、国際大会であるテニスヨーロッパにチャレンジしているので、レベル的にはかなり違います。
アジアでも「テニスアジア」みたいのがしっかりできて、日本国内の試合ばかり気にしないようなればいいんでしょうけどね。
ま、日本人は皆「全国大会」が好きなので、そういったものができても無理かな。

皆とにかく元気。時差ボケもほぼ無いようですね。

コメントは受け付けていません。