KIDS-TENNIS » 準決勝へ

準決勝へ

日本の普通の大会と違い、毎日毎日たくさんのイベントで盛り上げてくれるスムリクバボウル。コンソレ、イグラダブルス(特別ルールダブルス)、フォーラム、植樹祭、サイン会、本の寄付、抽選会(トップ選手の実施用グッズが皆に当たる)、島への小旅行…. などなど、そして練習試合などを組んで食事を作ると毎日大忙し。大変です。

リクは1回戦、イタリアのテクニシャンに完璧にやられ、しかしコンソレでは地道の頑張って準決勝。根性見せて欲しいところ。
一平は相変わらずのクジ運で1回戦第3シードの優勝候補ドイツのどっかりハードヒッターに良いラリーで善戦し、敗退。コンソレは強敵に1回勝ち、2回戦ボコボコに敗退。
鈴木先生は最高のテクニックで会場を沸かせましたが多分今大会最強のドイツ選手に3回戦で当たり、惜しくもファイナル負け。
リキはどうにかこうにかファイナルファイナルで準決勝へ。

皆強い。そして、今は日本選手に勝てないかも知れないけれど、数年後にはその大切なポイントで恐れず打つ「ドカ凡ミス」が入るようになり、ミスを待っている日本選手が全く勝てなくなる可能性も大きくある。
「今」を見るのか?、「未来」を見るのか?、当たり前のように判断できることも、自分自身、自分の子供、自分の教子、であるとなかなか難しい。

そういった勉強のためにもこのような大会はあるわけで、はるか長い未来がある子供達の為、我々大人は成長しなければなりませんね。

コメントは受け付けていません。