KIDS-TENNIS » 意義

意義

2019年の今年だけになると思いますが、山梨、石垣島と連続開催でお疲れ。子供達も結構な人数両方に参加してくれました。
石垣島の写真など、集まったらまたアップしますのでお楽しみに。

今回も、本当にありがたく沢山のボランティアスタッフに参加いただきました。わざわざ大会を手伝うために自費で飛んできて一所懸命尽くしてくれるスタッフばかり。
この方々がいなければこのような大会は成り立ちませんし、自分と我が子の利害関係ばかりを考える保護者はそもそもこの根本を理解しなければ参加する資格はありません。大会を数字だけに置き換えれば開催する意味などありませんので。

子供達には沢山の新しい経験が必要です。勝つことも負けることも、笑うことも泣くことも、戦うことも仲良くなることも。
そしてそんな経験を与えることができるイベントを開催できるのは主に大人であり、その役目を全うしましょう。文句ばかり言う人が自分でやってみれば良いことですからね。

スッタフが望めばキッズテニスカップは永遠に続くでしょうし、意義がなくなればやめれば良いことです。
いつまで続くかどうかは僕にもわかりませんが、意義を感じる方は是非ともまた参加してくださいね。お待ちしています。

そして毎度毎度の「忘れ物」。今回は少なめでしたが、とりあえず泊まった青少年の家に確認してみましょう。そしてなぜか入ってしまっている… 誰かの服が… という方はご一報を。特に記念Tシャツがない!、というのはショックですからね。

ようやく本格的に長い長い tour 49 ヨーロッパ遠征の本格的な準備です。
この遠征は山梨大会で選出された選手が参加する10歳以下世界最高の大会スムリクバボウルの遠征も一部兼ねているため、参加メンバー全員が決まるのが遅く、いつも準備大変なんですね。もちろんスムリクバボウル出場、不出場に関係なく12歳以下、10歳以下であれば参加できます。
すでに決定メンバーは航空券も購入済みですが、まだ検討中の選手もおり、現在決定ジュニア選手が10名で引率が3名いますので、若干名まだ余裕があります。参加希望日程によっては残念ながらお断りする可能性もありますが、希望者はお急ぎよろしくお願いします。
短い子で2週間、長い子で3ヶ月。全身でヨーロッパのテニスを味わいましょう。

また、秋のフロリダ遠征、来年1月のオーストラリア遠征に関して問い合わせ、お申し込みが来ていますので、こちらも今月末の出発前に要項を出しますね。オーストラリアは10歳以下でも大人でも楽しめますよ。

ちょっとお知らせしていたように、9月最終週、新しく岐阜でキッズテニスカップ開催の可能性も高くあり、ここも福岡(10月3連休)と連続だ… と感慨深し。

コメントを残す