KIDS-TENNIS » Zadar 終了

Zadar 終了

tour 49 第1戦ザダール大会、アオは全くミスせずしっかり打ち込んでくる第1シードに全力で挑むも完璧に歯が立たず2回戦敗戦。ドロー運悪し。が、「何か」を持たなければレベルが高い選手に勝つこともゲームを取ることもできないことをしっかり勉強しました。
一平はどうにか接戦をものにして準決勝は昨年スムリクバボウルで一緒だったスウェーデンのナンバー1。実力はどっこいと思われましたが相手の調子がよく頑張るも敗戦。まあこんなこともあるある。写真は地元のダブルスパートナー。
事情で写真のない選手は練習試合で皆ボコボコに負けた10歳女子に食らいつき、ファイナルまで行く健闘を見せ、これも準決勝。しかしダブルスは見事優勝。
今までの人生でこれほどまで頑張ったこともなかったでしょうし、3セットマッチを5試合(相手のリクエストに応じ)こなし、12時間テニスコートで戦ったこともなかったでしょう。… ちなみに12時間頑張って現在12時間爆睡中。
まあね、こんな遠征は毎日10時間くらい皆寝ていて、5時間練習して4時間勉強しても十分時間は余裕。つまりは日本の学校がいかに忙しいかということですね。

ということで tour 49 第1戦となったザダール大会は終了。時間に余裕を持って調整したのが功を奏し、調子も全員順調。テニスヨーロッパに出ることも考えましたが、やはりこの年齢の子供たちには勝ったり負けたりが重要。カップ1個でも持って帰れるレベルの大会を選んで遠征することが重要ですね。前半はこれくらいがいいでしょう。

さて、各国で国内のテニス大会のシステムはもちろん違いますが、クロアチアは日本とは違ってプロ大会のように各地でレベルの違う大会が多数開催され、誰でも好きな大会に出場可。そしてその獲得ポイントでランキングが決まり、各レベルの大会の出場権が決定し、グレードが高い大会で勝てばナショナルチームに選ばれ、ナショナルセンターでの練習も無料。さらに年間全て無償で協会が遠征してくれます。
がもちろん、この国のトップ選手などは本当に世界トップ候補ですので、国内の大会などには出ていないし、ナショナルチームに選ばれても既にもっと優秀なアカデミーやコーチから指導を受けているので、本当にトップ選手にはあまり意味のない国内公式戦ということです。

我々は実力そこまでありませんので、ありがたくこのシステムを使わさせてもらい、アメリカや日本と違って国内強化のためにも外国人大歓迎の受け入れ風潮を頂戴しているわけですね。
この大会はレベル5。一番低いレベルですが、イタリア、スウェーデンなど外国選手も多く、しかもこの辺は異常に皆強いので、レベルは上下色々。前に書いたように10歳女子で鬼のように強い子もいれば初心者も。

テニスコートも横はすぐ海。試合の合間は楽しんだもの勝ち。
スマホばっかりいじって何になりますかね。

コメントは受け付けていません。