KIDS-TENNIS » Bara

Bara

GAUFF,Cori(USA) def
HERCOG Polona SLO
3-6 7-6(7) 7-5 3RD
05 July 2019
The Championships WIMBLEDON
LONDON U.K.
Photographer / MANO,Hiromasa
©MANNYS PHOTOGRAPHY of Tokyo
mannys@mannysjp.com

今日はちょっと遠征のお話おやすみ。
今年のウインブルドン、久しぶりに新しい風が吹きましたね。
ちょっと昔までは10代の選手ばかりが上位へ行くのが普通でしたから、長年テニス界にいる人から見ればびっくりすることではありませんが、WTA の年齢による出場制限やルール変更により、このところ男女共まあまあベテランばかり。それも悪くはないけどねえ、やはり新しい顔は嬉しいものです。

彼女は突然現れたように思われがちですが、随分前から注目されていた子で、まだ15歳ながら日々それなりの時間を費やしてここまできたわけで、非常に賢明なご両親の元、星の数ほどある選択肢をしっかりとした目で判断し、ミスなく来たことは奇跡と言えるかもしれません。

ただ、もちろんこれからが大変。このままトップへ行けるかどうかは誰も保証しませんので。ナオミちゃんもすごいライバルが出現しましたね。

さてさて、しかし僕にとっての驚きはこの人。もう20年続くコラムに何度が登場しているバーラことバルボラストリコバ。
最初に会ったのは忘れもしない12歳。左の写真はノスタルジックなポジフイルム…。
ちっちゃな身体(今も小さい)からものすごい根性とテクニックで攻撃し、バッタバッタと強敵をなぎ倒し、14歳でほとんどのグランドスラムジュニア優勝。ITFジュニアランキングも1位。
で、14歳でプロへ移行し… がそこからスランプに続くスランプ… で全く勝てずに泣き暮らし、一時は引退危機も。
そして数年前からまた徐々に徐々に、まるでルーシーと同じように上昇し、ウインブルドンベスト4。最高ランキング16位。本当に素晴らしいプロとしての結果を残したと思いますよ。

そして現在彼女を指導しているのがこれまたよく登場する親友、デイビッドコテーザで、ご存知ルーシーを復活させ、クビトバを2回ウインブルドン優勝へ導き、数々の女子トップ選手を指導してきたもはや神レベルなコーチですね。

現在すっとクロアチアに滞在していますが、この国とチェコは似ていて、どちらも大きなアカデミーとかないし、人口も少なければテニス人口も少ない、テニスコートも少ない。施設もボロボロ。クビトバが練習しているクラブでさえボロ。お金もない。
が、人々がスポーツにかける情熱と指導力だけは抜群で、全く無駄なく才能がある選手がその道を極めることができる環境を整えることができるという感じを受けます。

逆に、日本では学校の拘束時間だけをみても難しいし、一億みな中流、一億みなお友達的な感覚では、天才児が死んでしまうのは当然と言えるかもしれません。

望月くんの優勝は本当に素晴らしいことですが、もちろんこれから。しっかりゆっくりじっくり頑張ってもらいましょう。

コメントは受け付けていません。