KIDS-TENNIS » Prostejov World Junior

Prostejov World Junior

14歳以下国別対抗戦ワールドジュニア、というものは ITF が企画し、日本の NTT と読売新聞がスポンサーして日本で始まった一大企画でしたが、日本らしくあっさり終了。で、それを引き継いで20年、よくぞここまで頑張って開催しているチェコ、プロステジョブ(本来の発音はかなり難しい)。
このクラブ、たった3万人の人口の街ながら実はテニス王国チェコの中でも独走を続けるトップクラブで、クビトバ、サファロバ、ベルディヒなど、錚々たるメンバーがここで育成され、現在も次の世界トップ選手が頑張っているわけで、そういった意味で良い場所に移って良かったのかも知れません。

ここ最近のヨーロッパ遠征ではこの大会を観戦するのが恒例になっていますが、今年はこれに絡めてチェコで行われたテニスヨーロッパに参戦して移動し、世界各国から集まった14歳以下のトップ選手のプレーを勉強させてもらいました。

14歳というとジュニア選手のとっては非常に重要な年齢で、どのようなテニスをしているのか?、これがポイント。ちょうど20年前の1999年、ナダル、ガスクエなどの記事をテニスマガジンに書いたのも懐かしいね。

日本チームはアジア予選を勝ち抜きこの大会に参加。4チームの予選リーグを男女共2位で通過し、ベスト8から始まるトーナメントは1回戦で敗退。
キッズテニスカップや遠征の先輩の応援頑張りましたよ。

まあこの大会などについては後日ゆっくりと。facebook には動画も出していますので見てくださいね。

コメントを残す