KIDS-TENNIS » 英語?…

英語?…

tour 51 フロリダ遠征の先発男二人組はすでに無事マイアミの北、フォートローダデール空港に到着。ついに遠征が始まりました。
我々本隊は20日に出発。今回は満員の10名。大会に練習にワニに大自然にディズニーランドにと満喫してきますので現地からのアップをお楽しみに。

tour 52 オーストラリア遠征に関し、すでに参加決定者はそのお名前で航空券を予約しており、毎年恒例の宿泊施設も抑えました。参加を希望される方はどうぞお早めに申し込んでくださいね。
今回はお正月から離れていますので航空券が無い… ということはないと思いますが、値上がりしますし、参加人数が増えればスタッフも募集せねばならず、結局スタッフの都合で増やせない… ということも出てきますので。
今年は今のところ為替も良く、ちょっといつもより経済的に楽な遠征になることを祈っております。
懐かしの youtube 。最近サボって作ってないなあ。

皆さんに一つだけアドバイス、というか忠告。「色々と考えましたが、まだ早いので来年こそは絶対に参加します!」と言われる、考えられるご家庭。結局間違いなく今まで一人も参加していません。何年後でも。
つまりそう考えられるご家庭では、いつまで経っても子供は「子供」であり、遠征なぞに行かせるようなレベルではない、と考えてしまうんでしょう。

失敗したり、迷惑をかけたり… と心配されるお気持ちはよくわかりますが、大失敗や大迷惑を嫌がって、僕たちがこんなことやっているのかどうかよくよく考えてみてくださいね。

誰も完璧な人間などいません。子供でも大人でも。
失敗を繰り返し、他人のフォローもしながら少しづつ少しづつ立派になっていくだけです。
我々スタッフも含め、地球を舞台に一歩一歩前に進んで行けるように頑張ります。

さて今日は久しぶりに皆さんからの質問などにお応えします。
「習い事」
まず、12歳以下など低年齢では週7回テニスだけ、ということはお勧めしません。怪我、精神的圧迫、人生を楽しく生き抜くための他要素、などなどの理由があります。
低年齢では球を打つ時間だけミスが減り、結果は出ると思いますが、それはあくまで短期間のことだけであって、プロまで続いていくもではありません。
人生設計をご家族でしっかり行いましょう。

水泳など良いと思いますね。気分転換にもなるし、身を守る役にも立つし、トレーニングにもなる。体がほぐれます。

英語…。これが結構どうかな、と思います。今まで遠征に行った中で、かなりの時間やお金を使って習っているのに全く使えない、というのがほぼ全員。やはりこればっかりは現地で使い続けることが重要でしょう。レッスンはあくまでレッスンです。
遠征に行って結構すぐに溶け込んで喋れるようになる子には共通なことがあり、やはり「よく喋る」子ということ。
言葉、というものは自分から発するエネルギーのようなもので、決してテクニックではありません。身振り手振りでも笑えば友達。ここ最近、大人し過ぎて喋れない子が多いのは皆さんご存知と思いますが、せめて日本で日本語でも喋れないと、英語を習う必要はないと思いますけどね。

良い例… もしくは悪い例、として記載しますが、ご存知のように私は中学校もろくに行っていない尋常小学校卒の無学者です。もちろん英語も習ったことなどありません。
しかし、とりあえずこの道でここまで来ることはできております。… ロクな道ではないかもしれませんが。

お金と時間を使ってレッスンを受ければ、その分だけ何かを得ることができる、ということは投資のように感じますが、もっともっと自然に湧き上がってくるエネルギーを大切にしたほうが良い気がします。

コメントは受け付けていません。