KIDS-TENNIS » 哀愁のフロリダ王国

哀愁のフロリダ王国

後半滞在した家から車で10分。フォートローダーデイル空港からアトランタで乗り換えて成田まで、合計15時間くらいのフライト。久しぶりにコックピットに入れてもらったお子様方。こんな小さな席であんなにでっかい飛行機飛ばしているなんて不思議だけどね。
そして全員無事に帰国です。

僕といえば相変わらず飛行機では食事もアルコールも摂らず、寝ることもできず、ひたすら映画を7本見て過ごし、今は時差ぼけバリバリでヨロヨロ。まあまあねえ… これももう慣れ親しんでいますので大丈夫なんですが、帰りはいいとして行きはその後運転を考えると辛いように思えますが、それも長距離トラック運転手並みの資質があるので大丈夫。つまり、「歳をとる」ということは 「How to play 自分」にエキスパートになるわけで、老年層に差し掛かった自分としては嬉しいような気もするわけですね。
逆に、まだ経験が浅く、自分の特性がわかっていないうちは色々と苦労もするでしょうが、人間一人一人違うわけで、皆と同じように考えないようにすれば随分と楽になると思いますよ。旅のアドバイス。

さて今回のフロリダ。書いているように大会全体のエントリーが激減し、当然レベルも相当に下がっているのは確か。ジュニアオレンジボウルのレベルもかなりの下がりように見えます。元々フリーエントリーですから初心者みたいな子も多かったんですけどね。

アメリカテニス協会は危機感を感じて強化対策を… というのは、もう10年以上前から聞いていますが、その効果は全くないようで、セリーナなどトップ選手もガウフなどジュニアもヨーロッパで練習している始末。このままじゃあ本当に南米、アジア選手権になっちゃいますねえ。

さていよいよ明日より移動でキズテニスカップ47山梨クリスマス大会。人数は少ないようですが、楽しんでいきましょう。

コメントは受け付けていません。