KIDS-TENNIS » 山梨、石垣、ヨーロッパ

山梨、石垣、ヨーロッパ

なんだかこのプロテニスの休業期間を察して「懐かしのシリーズ」始めたんじゃあないの?、と思われる方もいますが、ただの偶然ですから。
しかしね、プロ選手は試合がなくて大変ですが、カメラマンやジャーナリストも大変。一流どころはほぼフリーランスですから試合がなければ稼ぎなし。いやはや。

テニスの選手の中にはカッコよく「仕事がない…」と言っている方もいますが、実際、稼ぎがなくなって困っているのはトップ選手のみ。賞金が経費を上回りますから。日本で「プロ」と言われている選手のほとんどは経費が賞金を上回り、遠征に行くだけ赤字になり、親やスポンサー企業からお金をもらって活動していますので、今が一番黒字でしょう。不思議だ。

さて、真面目に真面目に。今日も重要な発信を。
いよいよ緊急事態宣言が出ました。これによって様々な決定を下すことになります。
まず、時系列で。今月の18日から山梨で行われることになっていた第48回山梨大会。既に延期の日程も決まっていますが、そのまま希望者だけ集まって練習会をする予定でした。僕らなどはもう飛行機買ってますので。
しかし、誰がどこへ移動するにも緊急事態宣言が下された土地を通るしかなく、開催自体難しそうですね。
決定はすぐに下すと思いますので、どうぞこのサイトをご注目ください。

6月、9月の日程でも絶対に参加しないという方には返金作業を慎重に順に行っています。何せ今までで一番多いので。キャンセルされる方はお申し付けください。
いつ、どのタイミングでキャンセル、またはエントリーされても大丈夫ですよ。

次に第49回大会石垣島。5月の連休明けに開催予定ですが、石垣島自体に宣言が出され、大会でも個人的な練習会でも相当に難しそうです。
しかしながら、今回もたった数日のエントリー期間で多数のエントリーがあったように人気抜群でファンが多い大会ですので、5月に開催できない場合には10月あたりに延期日程を組み、こちらもずらして開催することも緊急に発表します。ご注目を。

どちらも既に航空券を購入している方々、まあ僕もですが、決定次第に航空会社と交渉してみてくださいね。このご時世、結構色々と融通を聞かせてくれるようですから。

夏に終息すればこの秋の大会は福岡大会を合わせて開催できそうですね。祈りましょう。

そして夏の遠征。これも既に気合でお申し込み多数あり、準備万端だったんですが6月からはもう無理。終息し、8月などにヨーロッパ、US OPEN などに行ければいいですが、現実的には大会と同じく秋を考えるべきでしょうね。
ということで、いつもであれば11月半ばからのフロリダ遠征を10月半ばからの2ヶ月とし、来年1月のオーストラリア遠征も長くして、この夏に遠征が行えなかった選手たちのフォローを行いたいと思います。山梨大会のスムリクバボウルに行けなかった選手を含め。
当然ですが、キッズテニスカップ 優勝の補助金の利用期間も伸ばします。

もちろんこのまま終息しなければ1年越しに伸びることになりますが、人類の力を信じ、終わらせて楽しくテニスをしましょう。

コメントは受け付けていません。