Dubrovnik

ザダルから南へ。いつものボスニア通過、ネウムの街国境も問題なく、遠征後半の拠点ドブロブニクに到着。ちなみに遠征始まって以来連続晴天記録更新中。… 梅雨が続いているような日本の皆さんすいません…

ここではこの遠征最大の大会、DUB BOWL をはじめ、いろいろな大会に調整するため、練習、そして集まっている様々な国々の選手との練習試合、さらに街全体が世界遺産の大観光を、さらにさらに、抜群の透明度を誇る海で毎日リラックスと、日々を元気に過ごし中。
体調不良者全くなし。しかしながら、全く雨が降らないので心身のために休養を入れながら頑張っております。写真見てね

ちょっと説明しますと、我々が出場しているクロアチアテニス協会の大会は日本で言うテニス協会の大会のようなもので、ポイントがつき、そのポイントで全日本ジュニア、つまりはこちらのクロアチア全国大会への出場権やシードが決まり、ただ違うのは世界のプロ大会と同じくどこに住んでいる選手がどこの試合に出ても良いということ。
もちろん、その年代でものすごく強い、あるいは本当にプロを目指している選手はこのような大会には出ません。テニスヨーロッパか ITF 、国際大会。どこの国でも自国のジュニア選手権を目指しているのはそれなりの皆さんですから。
スムリクバボウル、DUB BOWL はキッズテニスカップのような協会以外の大会。ポイントもないけれど、人気があれば人が集まります。

では我々がなぜにそのレベルがあまり高くない協会の試合に出ているのかというと、年齢、チームレベルから比較し、これまでの長い経験上、ちょうど良いと判断しているからであり、しかしながら今年はコロナの影響で外国から参加する強豪選手が少なく、さらに今年の10歳以下のメンバーは我々のヨーロッパ遠征が始まって以来、最高に強い(本当に感心するほど強い)ということもあり、今年は好成績を残しているということが事実。
後半の試合はどうなるかわかりませんが、できるだけ頑張って、来年はテニスヨーロッパ12歳、14歳にチャレンジできるといいですね。

来年は年齢やレベルで2、3チームに分かれ、色々と活動できるといいですね。

さて、ノアテニスアカデミー千葉白子ができ、我々の自主隔離も終わる8月9により、白子にで「夏合宿」を行います。
希望者は連絡くださいね。

toru 53 ヨーロッパ遠征 2021

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です