第1戦 SIBENIK

遠征が始まって12日間、お天気は全部「晴れ」。毎日毎日テニスと海と釣りと勉強の日々を皆元気に過ごしております。
写真でわかるように空気がとても澄んで乾燥しているので、30度でも日本のような不快感はなし。爽やかです。

そしてついに第1戦、滞在しているザダルの海沿いのお隣の街、シーべニックで開催される歴史と伝統ある10歳以下大会に10歳のカイ、9歳のサキノ、8歳のアヤカがチャレンジしました。
この大会はシーべニックのお祭りの一環として開催され、ずいぶん前から誘われていた大会でありますが、今回ようやく。
通常であれば100名以上の子供達が国内外から集まり、盛り上がるそうです。今回は80名。

この遠征の写真を見ていただければお分かりのように、このちではもはやコロナは終わったかのように誰一人マスクもしていませんが、僕らもスーパーや屋内に入るときには別で、つまりは随分回復はしているものの例年のようにはいかないわけで、今回のこの大会も外国人が少なく、レベルもちょっと寂しいものとなりましたが、しかしね、この低いレベルでもこれを最後まで全部勝ち抜いて(7試合)優勝するって結構大変なことで、まさか… と思うような敗戦も多々見てきている僕としては、しっかり立派に3人勝ち抜いたことは本当に大したもんだと思いますよ。
副賞のマウンティンバイクは聞いてませんでしたが、どうしましょう….。日本に送ると送料と税金かなり高そうですからね…。

明日からは地元ザダルで12歳以下。楽しみです。

そして多数問い合わせをいただいている今年の冬の遠征ですが、いろいろな調査を行い、11月よりフロリダ遠征を行うことが決定しました。
もうすぐ要項を発表しますのでご注目。10月の福岡キッズテニスカップも芽っていてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up