BOL 無観客…

ヨーロッパ遠征も5日目。時差に弱い僕以外、元気に全員テニスに海に勉強に観光に頑張り中。
tour 53 ヨーロッパ遠征のページにギャラリーもアップ中ですからそっちも見てくださいね。

今回のヨーロッパはいつもと違って短めの1ヶ月半。そして12歳、10歳以下の選手ばかりなのでほぼクロアチア国内だけの遠征になるのですが、いつものドブロブニク便が減便で飛ばず、急遽首都のザグレブから。
いつも参加している、我々にはちょうど良いレベルのクロアチアテニス協会公式戦は順調にやっているのですが、ちょうど最初の週にスプリットからちょっと船で行った島、BOL で開催されている WTA 大会を観戦する計画。… が、何と急に無観客が決まり、ボールパーソンも希望していましたが叶わず、残念ながらとなりました。昨年は日比野菜緒選手も出ていたので楽しみだったんですけどね。

このままでは、いつもこの遠征で観戦している UMAG ATP も無観客になるかも…。クロアチア協会、市民は「海と森しかないこの街で何言ってんだあ〜!」と散々抗議しているらしいですが、ITF、WTA、ATPはどんな環境でも例外を認めず、やれやれの状況のようですね。フレンチやってますが…。

クロアチアのジュニアテニス環境は完全に平常に戻っています。がしかし、いつもであればこの6月からの3ヶ月間の夏休みを利用でして家族旅行を兼ねてこのアドリア海沿岸に集まる諸外国人選手が自国の状況の都合で集まりにくくなっており、毎年よりもエントリー数は少なく、レベルは低くなるかもしれません。しかし、いつもレベルは非常に高いので我々の都合としては問題なし。トロフィー持って帰る可能性が高くなるだけ。
とにかく、ここまで来た日本の子供達が最大限に良い経験ができるように頑張るのみです。

帰国後の白子アカデミーの件でも問い合わせをいただいていますが、まず、小林大祐コーチが留守中に管理してくれていますので、週末、夏休みを含め、彼に連絡してくださいね。しっかり練習しましょう。
我々の帰国は7月24日。そのまま自主隔離生活で隔離チーム練習も行います。そして8月8日から隔離明けとなりますので、そこから大規模に合同で練習します。
まだクラブハウス、寮は完成していませんが、松島家、宮澤家にある程度の人数であれば泊まることもできますので、早めのご連絡を。夏休み合宿ですね。

子供達はフレンチで見慣れた赤いクレーのコートになじみ、どんどん良いプレーができるようになっていますよ。

toru 53 ヨーロッパ遠征 2021

toru 53 ヨーロッパ遠征 2021

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です