コンテンツへスキップ

ノア テニスアカデミー 千葉白子

    

 

Noah Tennis Academy Chiba Shirako

ノアテニスアカデミー 千葉白子

 事業内容

1、世界へ向けた選手育成専門のテニスアカデミーを設立し、選手の育成、指導者の育成を行う
2、世界基準のテニスコートと宿舎を千葉県長生郡白子町内に新設し、生活を共にしながら日々
鍛錬する
3、週末、休日を利用し、練習会、国際ジュニア大会を開催する
4、18歳以上の選手に日本、アメリカの大学進学サポートを行う
5、世界基準を目標とする為の海外、国内遠征に参加する
6、地域社会貢献として白子町近隣住人の方々に初心者向け無料テニス教室を開催する

 主催、主幹

ノア・インドアステージ株式会社
kids-tennis.com


 設立

2021年5月より開設


 施設

第1期 アカデミー専用ハードコート6面(新設)、及びクラブハウス、宿泊施設(新設)
第2期 以降施設拡張予定

page1image12603520 

 ノアテニスアカデミー千葉白子 詳細


2人の男女スーパースターの出現により全盛を迎えている現在の日本ジュニアテニス界。しかし このままではスターと共にブームは消え去っていく。 皇室への憧れやボルグ、マッケンローの第2次テニスブーム、アニメに頼り続けてきた日本テニ ス。今こそテニスに関わる我々自らの手で、子供たちが羽ばたく空への道を創っていこう。 ここ、千葉県長生郡白子町にあるもの、それは遥かなる太平洋、海風、そしてテニスコート数は 350面。
可能性は無限大にある。

 

 

 アカデミー方針

1、本アカデミーは選手、スタッフそれぞれの目標を明確に把握し、その目指す道筋を見極め、 日々前進するために存在するものである
2、各年齢における国際的な目標を短期(1年)、中期(3年)、長期(6年)、で定め、選手 とコーチはそれぞれの目標に向かって邁進する
3、中学校卒業者は基本的にアカデミーの提携する通信高校の生徒となる
4、学校テニス、日本のテニス協会の大会は基本的に目標としない
5、アカデミー選手は国際基準で結果を出す為、その目標に適合する海外、国内遠征に参加し、目標を達成する 
6、アカデミーに属する選手はアカデミー寮に入ることができ、寮則に従って生活する
7
、選手はアカデミーのスケジュールによって行動する
8、また、選手個人個人の体調やスケジュールにより、調整することも可能である
9、イベントチームはいかなる年齢、レベルでも受け入れる


 チーム編成

1、プレーヤーズチーム (基本的に平日昼、及び週末に練習)
2、ジュニアチーム (基本的に平日夕刻、および週末に練習)
3、イベントチーム (基本的に週末や短期に1日単位で練習参加)
4、遠征参加チーム (kids-tennis.com主催遠征に参加)
5、スタッフ


 募集

1、プレーヤーズチーム 15歳~プロ選手までの年齢で、規程契約期間、世界レベルを目標とする努力を日々行い、海外遠征に参加し、規程レベルに達する健康な男女
2、ジュニアチーム 8歳~15歳までの年齢で、規程契約期間、世界レベルを目標とする努力を日々行い、海外遠征に参加し、規程レベルに達する健康な男女
3、イベントチーム
レベルに関係なく6歳~プロ選手まで、1日単位で広く一般に募集する
4、遠征参加チーム
レベルに適合し、kids-tennis.com主催の遠征に参加する健康な男女
5、国際レベルのテニス、シス テムに精通し、1~4までを指導する能力のある男女

 

 活動内容

1、プレーヤーズチーム
・ITFジュニアを目標にするジュニアプレーヤーズチームと、シニアITF、ATP、WTAを目標にする プロチームに分かれるも、日々の練習はレベルによって世界レベルでの練習に取り組む
・遠征に関しては基本アカデミーの基準によって推奨するものに参加。
・個人でチャレンジする遠征も可
・学生は学習時間を設け、それぞれの目標に達するように勉強する(学習サポートあり)
・アメリカ大学留学希望者に対しそのサポートを受けることができる
・成績優秀者には支援制度あり

2、ジュニアチーム
・日々世界基準の練習を行い、ヨーロッパ、アメリカ、オース トラリア、アジアなどの国際大会に 参加することにより我が身で世界を体験し、女子は13歳から、男子は14歳からITFジュニアポ イントを目指してより高いレベルでプレーヤーズチームに上がることを目標とする
・遠征に関しては基本アカデミーの推奨する遠征に参加。
・個人でチャレンジする遠征も可
・学生は学習時間を設け、それぞれの目標に達するように勉強する(学習サポートあり)
・成績優秀者には支援制度あり

3、イベントチーム
・週末、祭日にアカデミーの主催する練習マッチなどに参加(レベル不問)
・プレーヤーズ、ジュニアチームの練習にスポット参加(レベル適正な選手)
・プレーヤーズ、ジュニアチームの練習に短期体験で参加する選手(レベル適正な選手)

4、遠征参加チーム
・遠征の目標に適合する

 

 基本目標

1、プレーヤーズチーム
プロ選手  ー ー ー ー  それぞれの目標設定に準ずる
18歳以下  ー ー ー  グランドスラムジュニア出場

2、ジュニアチーム ー 国際大会上位進出、将来へ向けた伸び代のあるテニスを身に付ける

3、4、5、についてはそれぞれの設定した目標に到達すること

 

 プレーヤーズ提携通信高校   後日発表

 

 提携アカデミー  

ノアテニスアカデミー  

Extreme Tennis Academy  

Tennis Center Dubrovnik  


 責任者、指導責任者    松島徹

 

 アカデミースタッフ    小林大佑、その他

 

 アカデミー参加費 (テニス、トレーニングの1ヶ月税込)

1、プレーヤーズ Aプラン  146000円  3食付き寮、勉強サポート込み

2、プレーヤーズ Bプラン  66000円

3、ジュニア Aプラン  130000円  3食付き寮、勉強サポート込み

4、ジュニア Bプラン  50000円

5、ジュニア Cプラン(1ヶ月当たり12回まで参加可能) 30000円

6、イベント1日参加費  5500円 回数券割引も検討中  半日(2〜4時間)3300円

7、海外遠征参加費は実費を計算の上に費用をkids-tennis.comが決定

8、レンタルコート  プレーヤーズ、ジュニアチームは空きコート無料

9、外部からのレンタルコート  白子町テニスコートの基準に準ずる

ノアテニスアカデミー千葉白子の全てのイベントに参加するには事前の登録が必要です。

ノアテニスアカデミー千葉白子の情報については常にアップデートされますので、注意深くご覧ください。
お申し込み、お問い合わせなどは松島徹までお気軽に toru@kg8.so-net.ne.jp

「ノア テニスアカデミー 千葉白子」への2件のフィードバック

  1. 松嶋様

    こんにちは、香港でテニスコーチをしております、増田史子と申します。香港在住14年になります。20数年前にTTCに勤めていた時期があり、全国選抜で松嶋さんに直接お話しを伺ったこともある次第です。
    KIDs CUPやクロアチア、フロリダ遠征、白子テニスアカデミー開設などのご活躍を日々フェイスブック拝見させていただいて、日本特有の国内大会成績重視やクラブや学校テニスに捉われない取り組みが目をひきます。
    さて、今回のSMRIKUVAに香港の加藤さんの推薦をいただき、私の生徒の KAI YU LIN が大会に参加できることになりました。松嶋さんの力添えもあったのかと勝手に想像しております。ありがとうございます。

    コロナが始まる前は生徒たちがKIDs CUPに出れるような年齢層が多かったので、その親御さんから日本への遠征をしたいと要望が多かったのですが、ご存じの通り、香港のコロナ規制は厳しく、外へ行けず、外からも来ていただけず、テニスコートやその他の運動施設が数ヶ月単位で閉鎖されるという事態でした。
    半分中国本土へ足を突っ込んだ香港になりつつありますので、いつまた規制が厳しくなるかわからない香港です。
    香港から遠征を希望する低年齢受ジュニアは多いので(私の生徒)、一緒に行けるチームを常に探している状態です。
    この先、香港で強制検疫隔離が無くなれば、松嶋さんの遠征チームへの参加も検討したいと考えています。

    長くなりましたが、本題はここからで、アカデミーの寮に住みプレーヤーズクラスに興味があります。
    アメリカやヨーロッパに当たり前にあるこのシステム、ついに日本でも!と。
    このアカデミーはすでに選手が住みこんでトレーニングを始めているのでしょうか?
    外国人受け入れは可能なんでしょうか?
    提携通信教育は日本語のみでしょうか?
    大学スカラーシップ進学サポートはSAT,TOFUL,サポートはありますでしょうか?(長女が去年からNCAA D1 フルスカラーシップで入学
    しましたが、英語教育で育っていても入学してからの勉強が大変なようです。)

    長くなりましたが、お時間のあるあるときに、上記の件でお返事いただけると幸いです。

    香港
    増田史子

    香港のわたしの生徒もKIDS CUPへの参加を希望する者が多いのですが、2020年のコロナから、香港帰国後の強制ホテル隔離3週間!少し減って2週間、最近やっと1週間になりました。

    1. 増田様ご無沙汰しております。TTCではお世話になりました。
      加藤さんよりすスムリクバに出場する香港の選手のことも聞いております。どこかで合流できるといいですね。
      もちろん、うちのアカデミーは国籍も何もありませんが、残念ながらあまりに田舎なもので英語で対応できる学校は近くにありません。コーチも博多弁スピーカー。
      現在5名のアカデミー生で始まりましたが、まだ全員14歳以下なので高校、大学は未定。しかし、アメリカの大学は皆興味があり、その方向へ進む選手も多数出ると思われます。
      短期間などはいつでも可能ですし、成田空港も近いので、ぜひ遊びにきてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください