目標はどこ

随分前から天才少年として騒がれていたフェリックスアリアシム君。youtube などで昔の映像もあると思いますが、本当に物凄い完成度でしたねえ。
しかし、もちろん他の若手プロも同じように才能溢れていますのでこれからどうなるか。

さてまずは佐用、白子のキッズテニスカップについて。
準備は順調ですが、佐用に関しては宿泊にお間違いのないように。先方は民間のホテルですので、情報に間違いがあると迷惑をかけてしまいます。かなり安くしていただいていますし、提示してある金額はそのまま一括してホテルに払うだけで、我々は一切手数料をいただきませんので、正確によろしくお願いいたします。領収書が必要な方はホテルへ。

神戸空港、姫路駅などから引率を希望される方々も小林コーチに必ず連絡を。万が一の時のために電話番号も。
佐用はインドアコートがありませんので、小雨は決行。大雨は中止。進行は天候によって変わっていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。
初関西大会、どうにかうまくいくといいですね。

白子も順調にエントリー中。コートはうちの6面のほか、周りに350面ありますので1000人くらいきても大丈夫かな。年齢や天候によってハード、砂入り人工芝、両方使う可能性があります。
残念ながらすでにクラブハウス宿泊はキャンセル待ちになってしまいましたが、入れなかった一人旅ジュニアも歩いてすぐ近くのホテルにスタッフと一緒に泊まりますのでご安心を。ただし、料金はクラブハウス宿泊の方が安い。それはしょうがない。料金は後日返信メールでお知らせします。
大芸能大会、的当てゲーム、スピードガンコンテスト、バーベキュー、金魚すくい?… などなど祭りですので保護者も大いに盛り上がりましょう。

さてさて、最近のニュース。千葉ロッテの佐々木投手がものすごいですね。普通、僕は野球の話題をすることはありませんが、今日は特別。
もちろん彼はまだまだ若いしこれからどうなるかもわかりませんが、もしも現在の彼をある意味の「成功者」とするのであれば、彼が育成されてきた道筋というものはそれなりに素晴らしいことであったということになります。

幼少期はネットで見る程度のぼやけた情報しかありませんが、やはりみなさんもご存知の「事件」とも言える判断が印象です。
高校生球児なら命に変えても出たいであろう「甲子園」をかけた県大会決勝で彼は投げず、学校は負けました。正確に言えば投げさせてもらえませんでした。
もちろん学校だって監督だって名誉に決まってます。しかし、準決勝を勝った時点で彼の肩のことを考えて登板回避。これは相当に物議を呼びました。
つまり、監督は目の前の皆の甲子園よりも、彼の将来を選んだということになり、今なら相当の評価を得ることになりますが、当時はそんな恐ろしいことをやるなんて誰も思いませんでしたからものすごいバッシング。
大谷選手も似たようなエピソードがたくさんありますね。

つまり、「ゴールをどこに持っていくのか?」ということで、高校生なら皆夢見る甲子園、インターハイ、選抜、のために死力を尽くすのではなく、その先を見る監督、コーチだったということ。
僕が多くの日本の学校テニスの1番の問題と思うことはこれで、どうやっても勝つためにビビりながらセコテニスになったり、1年、2年、3年、という指導が違ったり、その場で学校のレギュラーメンバーが勝つためになんでもアリな雰囲気があるところ。
平たく言えば、個人よりも学校の名誉の方が大事だと思われているところなんですよね。

もちろん野球の世界もほぼそうでしょう。しかし、彼の監督は違い、その才能を伸ばしました。千葉ロッテに入っても2年間身体作り。これはプロ集団ですから判断的確。

柔道の話題からも問題視されていますが、本当に小学生時から勝つために相当量の練習を積み重ね、ポイントを稼ぐために試合に出まくり、同世代の弱点を探り、できるだけミスを少なく少なく、ジャッジは厳しく、時には汚く、練習はレベル高く、試合はレベルが低いドローを願い、家族、コーチも目の前の大会で勝って次の地区大会、全国大会に行くために一喜一憂して小さな頃から完成度を高めていくなんてねえ、将来の伸び代をどんどん少なくしていっているようなもんですよね。
それなりの専門家から言わせてもらえば。

小さな頃のテニスは、ミスが異常に少ない、強い球が打てる、身体がでかい、テクニックがある、気力がすごい、めちゃ汚い、とか、どれか一つでも全国優勝できます。そんなの今まで何人も見てきました。ちなみに、僕は30歳から十数年以上、全国大会優勝目標レベルでやってきています。
しかし、年齢を重ねるごとにそんな単調では勝てなくなり、要素は複雑化し、さらに「世界」ともなれば全てが日本国内の物差しとは違うわけで、ある年齢からそのレベルに伸びる、フィットする可能性を残したジュニアのみが世界の本当のプロへの道に行けるということなんでしょう。

もちろん、日本の成績でそれなりの中学、高校、大学、会社に入れれば良い、と考える方はその目の前の試合のことを考えれば良いと思いますが、今や日本社会も競争化していますので、テニスで有名企業に入ってもほぼリストラされてテニスコーチになるのが多いことも知っててね。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください